映画: ゴジラ

- ゴジラ好きな人とお友達になろう♪ -

『ゴジラ』は、東宝が製作し1954年(昭和29年)11月3日に公開した日本映画。観客動員数961万人。モノクロ、97分、スタンダード。 キャッチコピーは「水爆大怪獣映画」「ゴジラか科学兵器か驚異と戦慄の一大攻防戦!」「放射能を吐く大怪獣の暴威は日本全土を恐怖のドン底に叩き込んだ!」。
Wikipediaでゴジラを確認
1ページ目 / 1ページ中

やす 65歳 静岡県 浜松市浜北区

小学生の時劇場ではなく、たまたまテレビ放送で観たのですが、冒頭のゴジラ登場のシーンが恐くて震えましたね。しかし自衛隊出動シーンや、科学者等がなんとか退治出来ないものか奮闘するところが迫力が有ったり何か感じるものが有ったのでしょう、最後まで見入ってしまいましたね。やがてゴジラ作品は悪い怪獣や地球外怪獣と闘う正義のヒーローになっていきますが、やはり子供心にワクワク迫るものが有りました。後年、大人になって核兵器に対する皮肉だと知りました。ゴジラのきっかけは戦後の太平洋ビキニ環礁での水爆実験に、焼津漁港所属の漁船が巻き込まれた事件だと言うのです。調べてみたら悲惨でしたね。ショックでしたが静岡県は広島長崎に次ぐ第三の被爆県とも言われます。実はゴジラの悲しく切ないメッセージが込められていた事に驚愕し、戦争核兵器の悲惨な歴史を後世まで伝え続けなければならないと思いました。

2021-09-10 15:36

盛り上がる話題で見つけよう♪

全国で人気の映画